初心者でも簡単!WPでSEO対策

無料で利用できるWordPressを使って、SEO初心者でも簡単に検索エンジン上位表示できる情報をお届けします。

【Google Analytics Dashboard for WP】ダッシュボードにアナリティクスを表示するプラグイン:設定方法・使い方

 

アクセスアップに分析は必須。でも毎回アナリティクスにログインするのは、ちょっと面倒…そんな場合には、WordPressの管理画面にアナリティクスのデータをサクサクっと表示させて、アクセスアップを図りましょう。

 

スポンサードリンク

Google Analytics Dashboard for WP”は、WordPressのダッシュボードにGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)のデータを表示する便利なプラグインです。

SEO対策を考える上で絶対に必要なことがアクセス解析で、多くの人がGoogle Analyticsを活用していると思いますが、ログインして別画面で表示させるのはちょっと面倒です。

もちろん、細かな分析をするなら、Google Analyticsにログインする必要がありますが、日常的に必要なデータをWordPressの管理画面で閲覧することができれば、手間が減って時間も短縮できます。

それを簡単に解決してくれるのが、“Google Analytics Dashboard for WP”で、アクセスアップを楽にしてくれるツールと言っても過言ではないでしょう。

インストールと有効化

WordPress管理画面で[プラグイン]-[新規追加]の順に進み、プラグインの検索に“Google Analytics Dashboard for WP”と入力して検索。

検索結果の“Google Analytics Dashboard for WP”の[今すぐインストール]をクリック。

Google Analytics Dashboard for WP・新規追加  
 

インストールが完了したら[プラグインを有効化]をクリック。

Google Analytics Dashboard for WP・有効化  
 

インストール済みプラグインの一覧に、下図のように表示されていれば完了です。

Google Analytics Dashboard for WP・追加完了  
 

[設定]をクリックして、プラグインを許可しましょう。

Googleアナリティクスの設定

このプラグインは、あなたのアナリティクスアカウントと連携する必要があります。

幾つかの方法があるようですが、ここでは最も簡単な方法で解説します。

 

アナリティクスにログインしておき、[プラグインを許可]をクリック。

Google Analytics Dashboard for WP・設定  
 

[アクセスコードを取得]をクリック。

Google Analytics Dashboard for WP・アクセスコード取得  
 

別画面で許可リクエストが開きますので[許可]をクリック。

Google Analytics Dashboard for WP・リクエスト許可  
 

あなた専用のコードが表示され、このコードをコピーします。

Google Analytics Dashboard for WP・コード表示  
 

Googleアナリティクスの設定画面の「アクセスコード」欄にペーストして、[アクセスコードを保存]をクリック。

Google Analytics Dashboard for WP・アクセスコード取得  
 

「一般設定」欄の「ビューを選択」で、接続するアカウント名を選択して[変更を保存]をクリック。

Google Analytics Dashboard for WP・一般設定  

自動アップデートを許可する場合は「自動アップデート」を「On」にしておきましょう。

 

これで設定完了です。
ダッシュボードを表示してみましょう。

使い方

WordPressのダッシュボードに、Googleアナリティクスダッシュボードが追加されています。

Google Analytics Dashboard for WP・ダッシュボード  

アナリティクスのアカウント作成直後は、データがありませんので溜まるまでお待ち下さい。

 

下記のデータ期間が選択できます。

  • 今日
  • 昨日
  • 7日間
  • 14日間
  • 30日間
  • 90日間
  • 1年間
  • 3年間
 

また、下記のデータ別に表示することができます。

  • セッション
  • ユーザー
  • オーガニック検索
  • PV
  • 直帰率
  • 地域
  • ページ
  • リファラー
  • 検索結果
  • トラフィック
  • 閲覧環境
 

これらのデータをアクセスアップに役立てるには、個々のデータ特性を知る必要があります。

セッション

セッションとは、特定の期間にウェブサイトで発生した一連の操作のことです。たとえば、1 回のセッションには、複数のスクリーン / ページビュー、イベント、ソーシャル インタラクション、e コマース トランザクションなどが含まれます
引用元:https://support.google.co…

Google Analytics Dashboard for WP・セッション  

簡単に言えば、閲覧者がサイト上で行った操作内容をまとめたもので、閲覧開始から離脱までの一連の行動が1セッションです。

セッションのカウントには有効期間があり、デフォルトでは30分で、30分以内に次の行動をした場合、さらにそこから30分の有効期間になります。

その他、日付が変わったり、参照元が変わってもセッションのカウントは終了し、有効期間が終了してから再度行動を開始すると2セッション目のカウントとなります。

早い話、滞在時間の目安で、閲覧者の興味をそそるサイトになっているかの目安です。

ユーザー

「ユーザー数」指標と「アクティブ ユーザー」指標には、お客様のサイトやアプリを閲覧または操作したユーザーの数が表示されます。
引用元:https://support.google.co…

Google Analytics Dashboard for WP・ユーザー  

簡単に言えば、指定した期間にサイトへ訪問した人数から重複を除いた人数のことで、ユニークユーザーとかユニークビジターなどと呼ばれる場合もあります。

例えば、毎日訪問してくれる人が1人いて、毎日新しい訪問者が1人いるとします。

日別の集計では2人ですが、1週間では14人ではなく、1人+7人で合計8ユーザーになります。

オーガニック検索

検索エンジンの検索結果からサイトに集まったトラフィックを、有料広告や他のリンク元サイトなどの参照チャネル経由で発生したトラフィックと分けることができます。レポートでは、このトラフィック セグメントは「オーガニック検索トラフィック」と呼ばれます。
引用元:https://support.google.co…

Google Analytics Dashboard for WP・オーガニック検索  

ナチュラル検索とか自然検索とも呼ばれ、純粋な検索結果からの訪問を意味します。

オーガニック検索のキーワードを分析することによって、適切なSEO対策ができ、更に上位表示を狙うことができます。

PV(ページビュー)

ページビューは、アナリティクス トラッキング コードを導入したサイトでページが 1 回表示されるごとにカウントされます。ユーザーがページを訪問した後でそのページを再度読み込んだ場合、ページビュー数は 1 つ増えます。ユーザーが他のページに移動してから最初のページに戻って来た場合も、新たなページビューとしてカウントされます。
引用元:https://support.google.co…

Google Analytics Dashboard for WP・PV(ベージビュー)  

まんまですね。これは説明いらないでしょうw

直帰率

直帰率とは、1 ページしか閲覧されなかったセッション(ユーザーが閲覧を始めたページから他のページに移動することなくサイトを離脱したセッション)の割合です。
引用元:https://support.google.co…

Google Analytics Dashboard for WP・直帰率  

いわゆる、訪問したけどすぐに帰っちゃう率ってことです。

1ページだけで必要な情報が得られ満足して帰ってしまったということもありますが、見た途端気に入らない場合や思った通りの情報がなかったから帰ったとも考えられます。

ケースによって異なる改善策が必要で、一般的には”直帰率40%”であれば優秀だとされています。

地域

ユーザーが所在している国または地域です。
引用元:https://support.google.co…

Google Analytics Dashboard for WP・地域  

これもまんまですが、収益性の高い地域をターゲットにする場合に必要なデータです。

SEO対策が必要な理由は、アクセスアップで、アクセスアップ=収入アップなことは言うまでもありませんね。

ページ

ページ解析レポートでは、後続のページへの参照 URL として表示されるページの回数からページ要素のクリック数が推定されます。
引用元:https://support.google.co…

Google Analytics Dashboard for WP・ページ  

ページのプレビューランキングと経路が表示されます。

詳しい内容は、やはりアナリティクスにログインして確認するのがベストですが、概要は把握できますね。

リファラー

Google Analytics Dashboard for WP・リファラー  

訪問者がサイトにたどり着く時に利用したリンク元の情報で、参照元のことで流入元トラフィックとも呼ばれます。

例えば、ページA内のリンクをクリックしてページBに訪れた場合は、ベージBから見るとページAがリファラーとなります。

Googleで検索して訪れたならGoogleがリファラーで、別のサイトのリンクから訪れたならそのサイトがリファラーとなり、アクセスアップを考えるなら分析に必要なデータと言えます。

ただし、注意すべき点は、最近流行りの”リファラスパム”です。

リファラスパムの目的は、ウエブマスター(管理者)を自サイトに呼び寄せることです。

正確なデータを取得できないばかりか、悪質なサイトに飛ばされることになりかねないので、Googleアナリティクスでしっかりフィルターをかけておきましょう。

検索結果

Google Analytics Dashboard for WP・検索結果  

ユーザーがどのようなキーワードで検索して表示された結果のデータです。

キーワードをどのように絡めて上位表示させるかの検討に役立つのですが、問題は(not provided)です。

(not provided)は、検索キーワードが不明の場合に表示されます。

Googleでは、すべての検索にSSL通信が使用されるようになり、暗号化されたことで検索キーワード情報が取れなくなってしまいました。

つまり、(not provided)はGoogleの検索結果からのアクセスということになります。

詳細を調べる方法は、また別のページで詳しく紹介しますが、正常に表示されている検索結果から日々の傾向と対策はできるでしょう。

トラフィック

Google Analytics Dashboard for WP・トラフィック  

リファラーの情報を視覚的にとらえることのできるデータです。

「リファラーあるんだから、いらねんじゃね?」という人も多いと思われますが、常連客と一見客を分析することは重要です。

詳細データは、Googleアナリティクスにログインして見るとして、日常的な観察には重宝すると思いますよ。

関連環境

Google Analytics Dashboard for WP・関連環境  

ブラウザーやオペレーティングシステムなど、ユーザーがどのような環境で閲覧しているのかを視覚的にとらえることのできるデータです。

アクセスアップにとって閲覧のしやすさや利便性などを向上させることは重要で、検索エンジンにとって室の高いサイトを上位表示させることは信頼性の向上につながり重要視されています。

”閲覧者にやさしい”は、サイトやブログの基本思想と認識してください。

 
 

これらのデータを日常的に観察することで、どこをどうすればアクセスアップに繋がるかが見えてきます。

まずは、データに慣れましょう。

   
 

 - SEO 内部対策, SEO対策プラグイン, 便利なプラグイン , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,