初心者でも簡単!WPでSEO対策

無料で利用できるWordPressを使って、SEO初心者でも簡単に検索エンジン上位表示できる情報をお届けします。

【Q2W3 Fixed Widget】サイドバーが追尾するプラグイン:設定方法・使い方

 

『WordPressの画面を下の方にスクロールするとサイドバーが無くて寂しい…』そんな時には、サイドバーが自動でついてくるプラグイン”Q2W3 Fixed Widget”をインストールして活用しちゃいましょう。

 

スポンサードリンク

内容が盛りだくさんな記事の場合、最下部にスクロールした時のサイドバーの空白がもったいないと思いませんか?

そんな時には、サイドバーが自動追尾してくれるプラグイン“Q2W3 Fixed Widget”が超便利です。

チェックを入れておくだけで任意のウィジェットをスクロールした時に自動で追尾してくれます。

簡単に設置できて、一度設定すれば手間もかからない便利なプラグインです。

 

“Q2W3 Fixed Widget”のインストール

WordPressの管理画面で[プラグイン]−[新規追加]の順に進み、プラグインのインストール画面を開く。

キーワードに“Q2W3 Fixed Widget”と入力して[検索]をクリック。

 

[いますぐインストール]をクリック。

「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか?」の[OK]をクリック。

Q2W3 Fixed Widgetの新規追加
 
 

[プラグインを有効化]をクリック。

Q2W3 Fixed Widgetの有効化
 

これで“Q2W3 Fixed Widget”のインストールは完了です。

 

“Q2W3 Fixed Widget”の使い方

WordPressの管理画面で[外観]−[ウィジェット]の順に進み、ウィジェット管理画面を開きます。

“Q2W3 Fixed Widget”の使い方
 
 

追尾させたいウィジェットをクリックし、Fixed widgetにチェックを入れて[保存]をクリック。

“Q2W3 Fixed Widget”の使い方/セットアップ
 
 

これで、チェックしたウィジェットが自動追尾します。

ただし、adsense広告を自動追尾するとGoogleさんに怒られちゃいますのでご注意ください。

 

“Q2W3 Fixed Widget”の設定

“Q2W3 Fixed Widget”の設定は、WordPressの管理画面で[外観]−[Fixed Widget Options]の順に進むと設定画面が開きます。

“Q2W3 Fixed Widget”の設定
 
 

表示の変更は、「General Options」で設定します。

Margin Top: ウィジェット上部のスペース設定
Margin Bottom: ウィジェット下部のスペース設定
Refresh interval: リフレッシュの感覚設定。遅延ロードなどの動的コンテンツに利用します。
Screen Max Width: 入力した値に対して、ブラウザの横幅が同じか小さければプラグインを無効にする設定

また、他のスクロール系プラグインをインストールしている場合にトラブルがあれば、「Compatibility」の「Use jQuery(window).load() hook:」にチェックを入れておけば良いようです。

“Q2W3 Fixed Widget”の設定/トラブル対処
 

スクロール系のプラグインを複数入れる意味が分かりませんけどね。(;^ω^)

   
 

 - 便利なプラグイン, 稼げるプラグイン , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,